2014/04/14更新

 1. はっきりわかる読みやすいデザイン

小さい画面でも訴求ポイントが はっきりと分かるデザインが重要です。

 

スマホサイトを公開する第1段階では、3C分析を行い、スマホサイトのキャッチコピー、画像、文章等を作成します。

 

そして、公開後の第2段階では、「検索キーワード」を考慮して、スマホサイトのキャッチコピー、画像、文章等を最適化して、コンバージョンを改善していきます。

 

つまり、3秒以内に読む価値があると判断されるために、「検索キーワード」をキャッチコピー等に入れて読んでもらえるサイトにします。

 

2. シンプルな操作性を目指す

ワンクリックで電話、予約、メールができる ボタンが押しやすいなどの工夫が必要です。

 

スマホは、電話です。レスポンスデバイスをサイトに埋め込んで、クリックすると電話ができるようにしておきます。

 

そして、電車に乗っていて、電話ができないときに、メールで連絡できるようにしておくと、お客様側からすると大変便利です。

 

更に、電話受付ができない営業時間外でも、予約システムで予約できるようにしておくと、お客様側からすると大変便利です。

 

3.データを軽くしてスピードを重視する

パソコンサイトだと、デザイン重視でデータが 重いので、それを出来る限り軽くし、 表示スピードを上げることが大切です。

 

パソコンサイトだと画像がたくさん埋め込んであったり、長文だったりして、スマホで読み込むときに時間がかかり、せっかく作ったスマホサイトを読んでもらえないことが起こりえます。

 

そのため、スマホ専用サイトを作成するか、パソコンサイトをスマホを考慮しながら作成することが必要になります。

 

ブラウザの横幅サイズに応じてパソコンサイトとスマホサイトの表示デザインを変えるレスポンシブウェブデザイン(RWD)を採用する際は、特に注意する必要があります。。

 

☆集客できるスマホサイトの作り方☆

全47ページからなる「集客できるスマホサイトの作り方」を差し上げています。ご興味のある方は、 メールにてご連絡ください。